This is the place

ディズニー好きによる自分のためのブログ

HKDL旅行記(5)〜Happily ever after編〜


こんにちは!

もちろんD23EJ一般Cチケも外しましたさっくーです!

 前回の記事はこちらです↓

HKDL旅行記(4)〜海外アトラクション満喫編〜 - This is the place 

 

 

前回ぐるっとパークを一周しまして、次に向かった先はファンタジーランドストーリーブックシアター!

念願のワンダラスブックを見に行きました!

 

 

 

f:id:sakupius:20171109104255j:image

 

 香港ディズニーランド10周年を記念して始まったこのショー。それまではゴールデンミッキーというショーがやってたみたいですね。そちらも評判がよかったので見てみたかったです。

 

 

 

ストーリーは、本の中から出てきてしまったオラフを元のページに戻すために、ミッキーはたくさんのディズニーの仲間たちがいる本の中の世界を冒険する。というものです。(多分)

 

 

 

ミッキーグーフィーオラフは広東語で話すので、ストーリー違ってたらごめんなさい笑

ステージ脇には英語も表示されていました!

 僕はこのショーでトーキングヘッドのミッキーに邂逅を果たしました。触ってみたい 

 

 

 

 

 

f:id:sakupius:20171109105028j:image

 

 

なんとこのショー、プリンセスと魔法のキスからティアナも登場するんです!しかも2曲!!おかしい!!ここはニューオーリンズですか!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに生歌なもんだからもう鳥肌です。

メリダラプンツェルとアリエルが一緒に歌うんですよ!すげーよ!香港すげー!

 

 

 

 

 

 

 

さらにさらに、このショーには香港ディズニーランド10周年テーマソング「Happily ever after」が使われているんですよ!オーランドのマジックキングダムではじまった素晴らしいショーで使われているあの音楽です。もちろん生歌。

 

 

 

 

 

 

 

本当に素晴らしいショーでした。海外パークはどこも凄いステージショーをやっているのに…どこかのパークは…頑張って欲しいです。

 

 

 

 

ワンダラスでホクホクした後は、隣のイッツアスモールワールドに向かいました。意外と混んでるんだなあこれが。

 

 

f:id:sakupius:20171109113751j:image

 ディズニーランド鉄道の下を通っていきます

 

 

f:id:sakupius:20171109113829j:image

 今は亡きスモワのアレ

 

 

 

 

香港のスモワも外面はだいたい日本と同じデザイン。子供たちがいる方に水は張られてないんですね。

 

日本はリニューアル後、乗り場の位置も変わったりするんでしょうか。楽しみにしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一旦メインストリートに戻ると「そろそろイースターパレードのスニークが始まるよ!」とのこと。ええ知らなかった(アホ)

 

 

 

 

 

 

よく覚えてないけど、Flight fantasy prade見てからちょっと待ったらイースターが始まったような記憶が。

 

 

 

 

 

ということでFlight Fantasy Parade!

 

 f:id:sakupius:20171110203233j:image

香港のパレード、キャラクターがめちゃめちゃ近い!

 

 

 

 

 

このFlight Fantasy Paradeですが、使用されている音楽がアナハイムで終わると話題のサウンドセーショナルパレードと同じなんですよね!カモンカモンカモン!めっちゃアガる!

 

 

 

 

ほとんど待ってないのに最前列で香港スゲーってなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてイースターのパレード!スプリングなんとやら。

 

 

 

 f:id:sakupius:20171110203544j:image

ニックとジュディ。ニックがしょっちゅうどつかれてました。

 

 

 f:id:sakupius:20171110203432j:image

お前....ここにもいたのか....

 

Zip a dee doo dahの軽快なリズムに合わせてパレードが進んでいきます!途中ショーモードもありました。聞くところによるとこのパレード、今年からだったみたいで非常にラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

長文でしたが読んでくれてありがとうございました。

今回はここまで、次回お楽しみに〜…!